開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
E-カタログ

国際交流基金の概要

国際交流基金 (Japan Foundation) は、世界各国と日本との総合的な文化交流活動を行っている日本で唯一の機関です。国際交流基金 (Japan Foundation)は、国際文化交流事業を通じて日本に対する諸外国の理解を深め、さらに、国際相互理解の増進と文化の分野において世界に貢献することを目指しています。

概要と組織構造

国際交流基金 (Japan Foundation)は、日本の国際文化交流を実施するための機関として、1972年に外務省所管の特殊法人として設立され、2003年10月1日に独立行政法人となりました。

日本国内に本部(東京)と京都支部、二つの付属機関 (日本語国際センターと関西国際センター)、海外21カ国に23の海外拠点を持っています。

の予算は、基金運用からの収入、政府からの交付金や民間企業、個人からの寄付さらには事業収入でまかなわれています。

国際交流基金 (Japan Foundation)は、次の3つの柱の事業を実施しています。

1. 文化芸術交流

国際交流基金 (Japan Foundation)は、日本の様々な文化的側面-日本の伝統的な文化から、今日世界中の人々の注目を引きつけているポップカルチャーまで発信しています。そのほかに、日本と海外の国々の一般市民と若者による文化芸術交流の新しい可能性を追求しています。また、造形美術、舞台芸術、映像・出版交流など、様々な分野での国際交流のプロジェクトを実施し、支援します。

2. 日本語教育

国際交流基金 (Japan Foundation)は、海外での日本語学習、日本語教育の推進するため、次のような日本語教育のプログラムを行っています。

  • 日本語教育の専門家の海外への派遣
  • 日本語能力試験の実施
  • 日本語教師や日本語学習者の日本での研修
  • 教材の開発

3. 日本研究・知的交流

国際交流基金 (Japan Foundation)は、国際対話と日本研究を促進すべく、日本研究機関と日本研究者を支援しています。また、日本研究者のネットワーク拡大を推進しています。そのほかに、地球規模の問題の解決に向けた共同作業や文明間の対話を促すべく、知的交流の拡大と強化を推進しています。

 

 

Дизайн и разработка RPA-DESIGN При участии FRILANS.RU