開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
E-カタログ

コンサート「子供が遊びを描く」

 

2015年3月15日  青少年芸術教育センター『ムセイオン』

 

3月15日(日曜日)16時、青少年芸術教育センター『ムセイオン』で、「子供が遊びを描く」という名称で、日本の伝統楽器で演奏される日本の現代音楽のコンサートが実施される。春の恒例行事となったこのコンサートでは、モスクワ音楽院付属「世界音楽文化センター」の邦楽アンサンブル「和音」が参加する。アンサンブル「和音」のコンサートに伴って、ムセイオンのファミリーグループの参加者が、日本の遊びやおもちゃを描いた絵が発表される。

 

音楽と子供の芸術作品を合併させるアイディアは、プロジェクト「子供が音楽を描く」の一環として、この数年間、成功裏に実現されてきた。アンサンブル「和音」のおかげで、このコンサートは「日本の」音をもたらした。このコンサートは、日本の現代音楽のみならず、日本の遊び、昔話、伝説、日本文化や日本語の特徴を聴衆に紹介してくれる。今回、音楽と子供たちの絵は、日本の伝統の遊び(それらの遊びを日本の子どもたちが披露してくれる)とおもちゃ(招き猫、こけし、だるま、手鞠など)をテーマにしている。それに加えて、琴や三味線、太鼓など、日本の伝統楽器も子供たちが描いてくれた。

 

聴衆の前には、絵画のように美しく、音楽的な日本が、鮮やかに、幻想的に、あらわれる。

プログラム

-日本の伝統の遊び

-日本の伝統楽器による日本現代音楽演奏(アンサンブル「和音」)                                     

-ムセイオンの生徒による絵の発表

 

コンサートはプロジェクト「子供が遊びを描く」の一環として実施される。

場所:青少年芸術教育センター『ムセイオン』(Kolymazhny per.6, str.2)

お問い合わせ:+7(495)697-74-96(電話での登録)

 

Дизайн и разработка RPA-DESIGN При участии FRILANS.RU