開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
E-カタログ

小林東雲・水墨画デモンストレーション・ワークショップ

平成25年にも訪露され、大好評を博した水墨画家・小林東雲先生が、再度訪露し、墨絵のデモンストレーション及びワークショップを実施します。

 

【場所】

外国文献図書館「国際交流基金」文化事業部レクチャールーム

(ニコラヤムスカヤ通り、1、4階)

【問い合わせ】

外国文献図書館「国際交流基金」文化事業部

+7 (495) 626 55 83/85

 

【日程】

1.デモンストレーション「老松鳳凰図」(入場自由)

8月26日(水) 19:00

 

2.ワークショップ(登録制)

8月24日(月) 「墨絵を楽しむ。コースターと箸袋」

17:00-19:30(定員:15名)入門者向け

8月26日(水) 「鳳凰」(筆のテクニックを学ぶ)

14:30-17:00(定員:15名)初級~中級

9月1日(火)  色紙「木々のある風景

17:00-19:30(定員:15名) 初級

 

※ご希望の方は、お電話でお申し込みください。

+7 (495) 626 55 83/85

 

 

【小林東雲プロフィール】

■プロフィール 

 1961年東京に生まれる。幼少の頃より書家である母親に筆法を学ぶ。 1987年、パリ「日本の美術展」会場にての障壁画揮毫を期に、ロシア、中国、インドネシア、アメリカ等で障壁画揮毫を重ね、各国で高い評価を得る。その間内外の公募展で多数受賞。テレビ出演のほか、著作も多く、多彩な分野で精力的に活動し、水墨画の魅力を紹介、その普及につとめている。 2014年には、国指定重要文化財「善導寺」の障壁画を揮毫。

 

http://homepage3.nifty.com/tohun/prof.html

Дизайн и разработка RPA-DESIGN При участии FRILANS.RU