開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
E-カタログ

日本理解講座・2月

 

2月21日(火), 18:00 

 

 

テーマ: 17~19世紀の日本における数学(和算)入門                                                                                                                 

講師: 長谷川浩司氏 (東北大学大学院理学研究科数学専攻講師) 

 

 

江戸時代(17-19世紀)の日本では、他国との交流を制限する政策の下、数学も独自の発展をした。ヨーロッパの数学と拮抗する結果もある。その話題の幾つかと、時代的背景について紹介したい。

 

会場: 高等経済大学数学部(3階 317-319号室) ul.Vavilova 7 

    サイト : http://math.hse.ru/

※ 登録制 (30名まで)  登録の締め切りは2月17日(金)です。

 パスポートを持参してください。

 入場無料

予約先電話番号: 626-55-83, 626-55-85

高等経済大学の学生、大学院生、教員等関係者は登録不要です。 

2月28日 (火), 18.00

 

テーマ: «日本の古典文学と現代のロシアの読者»                                                                                                                                                                            

講師: アレクサンドル・アルカジエヴィチ・ドーリン 

会場外国文献図書館、4階、モスクワ日本文化センター、レクシャー・ルーム

 

アレクサンドル・アルカジエヴィチ・ドーリン                                                      

 (プロフィール)

アレクサンドル・ドーリン教授 – 有名な東洋学研究者で文化学者, 作家, 詩人, 古典・現代日本文学の訳者。ロシア科学アカデミー東洋学研究所で20年間勤めた後、1990年に日本へ移り勤める。ロシア作家同盟モスクワ会員。国際ペンクラブロシア会員であり、いくつかの国際団体の会員。

1992年から2004年まで、東京外国語大学でロシア文学と比較文学を講義。2004年から現在まで秋田国際大学で日本文学と比較文化を受け持つ。

著作と訳書は30冊を超え、ロシア語、英語、ドイツ語、日本語で出版されている。また、多くの記事が日本の新聞や雑誌に掲載されている。

     

 

 

 

 

Дизайн и разработка RPA-DESIGN При участии FRILANS.RU