開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
E-カタログ

日本映画上映会@映画館「ファッケル」(11月)

 

国際交流基金モスクワ日本文化センターは、映画館「ファッケル」と共催で、日本映画上映会を実施しています。11月は金子修介監督の「毎日が夏休み」です。

 

【場所】 映画館「ファッケル」(エントゥジアスト通り、15/16)

【スケジュール】 11月14日(火)19:00 「毎日が夏休み」(金子修介監督、1994年) 12+

【入場】 無料

【上映映画】 [+dr.alt+]

 

毎日が夏休み

(1994年、94分)

 

監督・脚本:金子修介 

原作:大島弓子 

撮影:柴崎幸三 

美術:及川一 

音楽:大谷幸

出演:佐伯日菜子、佐野史郎、風吹ジュン、高橋ひとみ、益岡徹、黒田福美、上田耕一、戸田恵子、林キセ子、小野寺昭

  

登校拒否の娘と出社拒否の義父がヨロズ代行業を始める。娘の成績優秀と夫のエリートぶりが自慢の種だったママは、ついにキレてクラブのホステスに・・・・。家族崩壊の危機というのに、それを冷めて眺めている大人のような子供の眼、あるいは子供のような大人の眼がある。その距離感、軽み。事態が悪化するごとに、映画がきびきびと弾み出す。新興住宅地の淡い空気感を見事につかんで、金子監督はライト・コメディの資質を全開させた。シラーッとしながら大人を大目に見てやっている感じや、自分が思いがけなく必要とされていることのわくわく気分を演じた、13歳のヒロイン・スギナ役の佐伯日菜子がいい。佐野と風吹がこの新星を飄々とした味で支えている。

Дизайн и разработка RPA-DESIGN При участии FRILANS.RU