開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
E-カタログ

日本映画上映会(10月~12月)

東洋美術館での日本映画上映会のお知らせ

 

入場無料

上映開始時間 19:00

 

プログラム:

 

10月15日 

蛍川 (1987年, 115 分)

 

監督: 須川栄三                                                       
原作: 宮本輝 
出演: 三國連太郎, 十朱幸代, 坂詰貴之, 沢田玉恵, 川谷拓三, 奈良岡朋子

あらすじ:

初恋,ケンカ,友情、そして親友の死。かつては実業家でありながら、落ちぶれて死んでいく父。母の過去、父の先輩との出会い、故郷との別れ。昭和30年代の富山を舞台に、冬から夏にかけて様々な出来事を経験していく少年の姿を描いた作品。芥川賞を受賞した宮本輝の同名小説の映画化である。

 

10月22日

無能の人 (1991年, 107分)

 

 

 

監督: 竹中直人                                                                                                                                                                           
原作: つげ義春
出演: 竹中直人, 風吹ジュン, 三東康太郎,山口美也子, マルセ太郎, 神戸浩, 大杉漣

あらすじ:

異色の劇画作家として知られるつげ義春の同名漫画を、つげワールドに魅せられた竹中直人の初演出によって映像化。多摩川の川原で石を売る男とその家族を中心に、現代社会から落ちこぼれた人々をブラックユーモアを交えながらも温かい視点で見つめ、そのノスタルジックな映像がつげワールドにふさわしい絵となって再現されている。主人公の助川助三を竹中自身が演じ、その妻モモ子に風吹ジュン。ほかに山口美也子、マルセ太郎,神戸浩、大杉漣ら個性派が脈を固め、映画監督の神代唇巳が謎の鳥男に扮して映画初出演。そしてさらに豪華かつ異色な面々が1シーン(または1カット)ゲストで登場している。ヴィネチア映画祭国際批評家連盟賞を受賞した。

 

 

11月12日

砂の上のロビンソン (1998年, 105分)

 

監督・脚本: すずきじゅんいち                                                                                                                                                          
原作: 上野瞭 
出演: 大地康雄, 浅茅陽子, 高橋ひとみ, 戸川京子, 森本レオ, 下条アトム, 小沢昭一

あらすじ:

1年間、理想的家族としてモデルハウスで生活すれば、その家が自分たちの物になるという不動産会社のキャンペーンに乗ってモニターとなったサラリーマン家庭が、衆人の目にさらされ、マスコミに利用されと、異常な事態に巻き込まれていく悲喜劇。「マルサの女」などで脇役として異彩を放っていた大地康雄の本格的初主演作。

 

11月19日

 せんせい (1989年, 119分)

 

監督: 山城新伍                                                                                                                                                          
脚本: 重森孝子  
出演: 松方弘樹, 梅宮辰夫, 千葉真一, 渡瀬恒彦, 北大路欣也,  山城新伍 

あらすじ: 

“よい映画を作りたい”と松方、梅宮、山城らが共同出資で設立したプロジェクト、トム・ソーヤ企画の第1回作品。昔ながらの風情を残す東京・佃島。ウォーターフロント計画で廃校の危機に瀕している中学校を舞台に、型破りな先生と生徒の交流、下町特有の温かい人情などが描かれる。

 

12月10日

                             水の中の八月 (1995年, 117分)

 

監督・脚本: 石井聰互                                                                                                                                                            
出演: 小峰麗奈, あおき伸輔, 宝井誠明, 戸田菜穂, 天本英世, 草刈正雄

あらすじ:

故郷の福岡を舞台に、石井聰亙が初めて少女を主人公とした青春ファンタジー。中州高校3年の桑島真魚は、イルカのプールで初めて葉月泉と出会う。彼女は同じ高校に転換してきたばかりの一年生で、高飛び込みの選手だ。泉は転校早々の試合から好成績をあげるが、大会で大きな失敗をし、瀕死のところを真魚に救われる。事故以来、奇妙な行動に出る泉。そしてある日、彼女は何かに懸かれたように地元の水源地に向かう。心配のあまり同行した真魚だったが・・・・・。

 

                                      12月17日

うなぎ (1997年, 117分)

 

監督・脚本: 今村昌平                                                                                                                                                 
原作: 吉村昭 
出演: 役所広司, 清水美砂, 柄本明, 常田富士男, 倍賞美津子, 佐藤充, 哀川翔, 田口トモロヲ 

あらすじ:

1997年度カンヌ映画祭で見事グランプリに当たるパルム・ドールを獲得。「黒い雨」以来、8年の空白を経て、ベテラン今村昌平が発表した人間ドラマ。吉村昭の小説「闇にひらめく」を原作に、飼っているウナギにしか心を開かない男の心情の移ろいを見極めようとしている。浮気した妻を殺害し、8年の服役の後、仮出所した男、山下拓郎。理髪店を開き、自戒の日々を送る彼は、周囲の人々に心を開くことはなかった。そんなある日、山下は自殺未遂の女性、桂子と出会い、彼女の希望から共同生活を始めることになる。彼女の優しい人柄にふれ、打ち解けていく山下だったが、そんな彼の前にかつての囚人仲間が、さらに桂子の夫までもが現れる・・・・。静かな語り口ながら、鋭い人間観察の目が随所に光る佳作。とぼけた笑いも盛り込まれ、今村の初期作品を思わせる仕上がりとなった。役者陣もそろって好演を見せるが、特に桂子の母親役の市原悦子が怪演を披露して印象的。

 

*      *      *

 

会場: 東洋美術館, レクチャーホール

住所: ニキーツキー・ブリヴァール, 12А

電話: (495)691-96-14; (495) 691-02-12

主催:

外国文献図書館内 "国際交流基金" 文化事業部
国立東洋美術館
国立中央映画博物館

 ロシア語字幕

入場無料

Дизайн и разработка RPA-DESIGN При участии FRILANS.RU