開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
E-カタログ

日本文学朗読会 (第3回)

 

月に一度、俳優・折田智水による日本文学の朗読会を実施します。プロの俳優による日本語朗読で、日本文学の世界をお楽しみください。

源氏物語翻訳者タチアナ・ソコロワ=デリューシナが作家及び作品について解説します。

 

第3回目は12月4日、特別ゲストに芥川賞作家・中村文則さんを迎えて、中村文則さんの作品「火」を取り上げます。 

 

【日時】12月4日(日) 16:30-17:30

【場所】モスクワ日本文化センターレクチャールーム

【作家】中村文則

【作品】

【入場】自由

 

【特別ゲスト】       

中村文則

1977年9月2日、愛知県東海市生まれ。2000年、福島大学行政社会学部、応用社会学科卒業。2002年、『銃』で第34回新潮新人賞を受賞してデビュー。芥川賞候補となる。2004年、『遮光』で第26回野間文芸新人賞を受賞。2005年、『土の中の子供』で第133回芥川賞を受賞。2010年、『掏摸(スリ)』で第4回大江健三郎賞を受賞。2012年、『掏摸(スリ)』の英訳版『THE THIEF』が、アメリカアマゾンで、2012年3月のベスト10小説、アメリカの新聞 「ウォール・ストリート・ジャーナル」 で、2012年のベスト10小説、にそれぞれ選ばれる。2013年、『THE THIEF』が、ロサンゼルス・タイムズ・ブック・プライズにノミネートされる。2014年、ノワール小説への貢献、ということで、アメリカで、David L. Goodis賞を受賞。2016年、『私の消滅』で第26回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。台湾、韓国、中国、アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、タイ、イタリア、スイス(ドイツ語。ドイツを含む)、イラン、トルコ、アルメニア共和国、ベトナムにて、翻訳出版(予定も含む)。

 

 

撮影・録画・録音はご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

 

【朗読者】

折田智水

舞台俳優
東京木山事務所俳優養成学校卒業
ロシア国立演劇大学演出学部俳優学科研修課程修了

現在、「国立文化機関 モスクワアパルテドラマ劇場」にて、レパートリー作品「鶴」に主演中

日本舞踊家
上方舞山村流六世宗家 山村 友五郎 直門

 

【解説】

タチアナ・ソコロワ=デリューシナ

紫式部の«源氏物語»を初めてロシア語へ完訳。

1993年 国際交流基金・国際交流奨励賞を授与。

2008年 旭日小綬章受賞

和泉式部、松尾芭蕉、太宰治、芹沢光治良、加賀乙彦ほか、

古典から現代まで翻訳多数。

Дизайн и разработка RPA-DESIGN При участии FRILANS.RU