開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
E-カタログ

東洋美術館での日本映画上映会(1~3月)

国立東洋美術館で日本映画をご紹介します。

(ニキーツキー・ブリヴァール, 12-а)

開演 19:00

入場無料

1月

1月8日 CURE 

 

CURE  (1997年、111分)                                                                                                                                                  

監督・脚本: 黒沢清

撮影: 喜久村徳章

出演: 役所広司、萩原聖人、うじきつよし、中川安奈、洞口依子、螢雪次郎、大杉漣

 被害者の胸にXの字が刻まれる異様な猟奇殺人事件が続発する。いずれのケースでも犯人はあっさり捕まったが、担当刑事、高部の悩みは参加者たちに動機が見あたらないことだった。そんな折、間宮という記憶喪失の青年が捜査線上に浮かび上がるが・・・。恐怖映画にも造詣が深い鬼才、黒沢清が放った異色サイコ・サスペンス。奇怪な話術をまき散らす青年との出会いをきっかけに、平凡な市民が衝動殺人を犯していく様を、不気味なまでに淡々としたタッチで描き出す。

 

1月15日 ニンゲン合格 

 

ニンゲン合格 (1998年、109分)                                                                                                                                           

監督・脚本: 黒沢清

撮影: 林淳一郎

出演: 西島秀俊、役所広司、菅田俊、りりィ、麻生久美子

黒沢清が初めて“家族“というテーマに取り組んだ一編。と言っても、鬼才として名高い彼が独特なリアリズムを込めて撮った作品だけに、家族の愛や絆を高らかに謳う通常の家族劇からはかけ離れている。交通事故で昏睡状態に陥った吉井豊が、10年ぶりに病院で目を覚ます。とりあえず郊外の実家に帰ってみると、そこには家族は誰もおらず、父の友人と称する中年男の藤森が気ままに釣り堀を経営していた。何もかもがピンとこない豊は、ある日、一頭の馬がさまよい込んできたことをきっかけに、かつて家にあったポニー牧場を再建しようとする。“崩壊もしなければ再生もしない”という監督の言葉通り、離散していた両親や妹が主人公の元に集まり、またいつの間にかバラバラに散っていく不思議なようでリアルな家族の光景を描いていく。

 

                                     2月

2月12日 雪に願うこと 

 

雪に願うこと  (2005年、112分)                                                                                                                                                 

監督: 根岸吉太郎

脚本: 加藤正人

撮影: 町田博

出演: 伊勢谷友介、佐藤浩一、小泉今日子、吹石一恵

帯広のばんえい競馬場でなけなしの金をすってしまった男・矢崎学が、調教師の兄・威夫を厩舎に訪ねる。東京で成功を収めていたはずの弟の13年ぶり の帰郷。実は起業した会社が倒産に追い込まれ逃げ出してきたのだった。母に溺愛されながらその母を無視し続けてきた学の身勝手さに腹を立てつつも、威夫は 行き場を失った弟に厩務員見習いの仕事を与える。やがて学はお払い箱寸前の輓馬ウンリュウに自分自身を重ねるようになるのだった。

     

2月19日 サイドカーに犬                     

 

サイドカーに犬 (2006年、94分)                                                                                                                                               

監督: 根岸吉太郎

脚本:田中晶子、真辺克彦

撮影:猪本雅三

出演: 竹内結子、古田新太  

弟の結婚話を機に、薫は20年前に過ごした夏休みを回想する。当時、小学4年生だった薫の夏休みは母の突然の家出から始まった。代わりに現れたのは、ドイツ製のロードレーサーをさっそうと乗りこなす、大胆で大ざっぱ、そして大らかな性格のヨーコ。内気で内向的な薫は、次第に自分とは正反対の性格のヨーコに魅かれていく。厳格な母のもとでは考えられなかったヨーコとの体験。「歯が溶ける」と禁止されていたコーラを飲み、熱海までのプチ家出につきあう。これまでとは全く違う毎日、そんな刺激的な夏休みは、突然の母の帰宅で終わりを迎える。

  

  

       3月

     3月12日 魂萌え! 

 

魂萌え! (2006年、125分)                                                                                                                                                  

監督・脚本: 阪本順治

撮影: 大塚亮

出演: 風吹ジュン、田中哲司、常盤貴子、藤田弓子、由紀さおり、今陽子

定年を迎えた夫と平穏に暮らしていた敏子の日常は、夫が心臓マヒで急死したことで一変する。葬儀の後、夫の携帯電話にかかってきた見知らぬ女性からの電話で明らかになる夫の浮気。さらに8年ぶりに突然現れた長男(田中哲司)は、強引に遺産相続と同居を迫る。生まれて初めて深い喪失感を味わう敏子に、人生の荒波が襲う。次々と降りかかる試練に動揺しつつも、平凡な主婦だった敏子は次第に自立に目覚めてゆく。夫の友人と関係をもち、家族に痺れを切らしてカプセルホテルにプチ家出。映写技師に憧れ強引に弟子入りを迫るなど、敏子は次第にこれからも続くであろう人生に前向きに挑み始める。

 

 

3月19日 どついたるねん                 

 

どついたるねん  (1989年、110分)                                                                                                                                        

監督・脚本: 阪本順治

撮影: 笠松則通

出演: 赤井英和, 相楽晴子, 麿赤児

浪花のロッキー」と呼ばれる元プロボクサー、赤井英和が主演した本格的ボクシング映画。二度とリングに上がれないほどの傷を負ったボクサーが、復活を懸けてリングに立つまでを描く。赤井のガムシャラなキャラクターを生かした、阪本順治の演出は、爽快感を誘う。

 

Дизайн и разработка RPA-DESIGN При участии FRILANS.RU