開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
E-カタログ

10月

10月

 

東洋美術館での日本映画上映会

10月 – 12月, 19:00 (月2回)

東洋美術館 (レクチャー・ホール, ニキーツキー・ブリヴァール, 12А)

月に2回、日本映画上映会を実施します。上映予定作品は、「うなぎ」「日本一短い「母」への手紙」など。

主催:国際交流基金、東洋美術館、映画博物館

問い合わせ先: +7 (495) 626 55 83/85

 

アンドロイド版『三人姉妹』

10月4日, 19:00

10月5, 6日, 14:00 / 19:00

 «ドラマ芸術学校», マネージ・ホール (スレチェンカ通り, 19)

「日本の秋2013」オープニング・イベント。アンドロイドと人間が共演する初めての試みで世界に衝撃を与えた劇団青年団、大阪大学、ATR石黒浩特別研究室による「ロボット演劇プロジェクト」の作品。アントン・チェーホフ原作「三人姉妹」のアンドロイド版を紹介します。

出演はアンドロイド「ジェミノイドF」、ロボビーR3、山内健司、松田弘子他。

主催:在ロシア日本大使館、助成:国際交流基金

問い合わせ先: +7 (495) 632 93 44

 


第6回ロシア語国際俳句コンクール表彰式

10月5日

ルドミノ名称外国文献図書館内 «国際交流基金» モスクワ日本文化センター 大ホール (ニコラヤムスカヤ通り, 1, 4階)

インターネットを通じてロシア全土さらに世界から募集したロシア語による俳句コンクールの結果発表及び表彰式に、俳句月刊誌編集長の吉田悦花氏が参加します。

主催:文芸雑誌《ハイクメナ》、国際交流基金

問い合わせ先: +7 (495) 626 55 83/85

 

尺八レクチャー&ワークショップ

10月6日

ルドミノ名称外国文献図書館内 «国際交流基金» モスクワ日本文化センター レクチャールーム (ニコラヤムスカヤ通り, 1, 4階)

尺八のコンサート、尺八の歴史と楽器の特性についての講義、演奏のワークショップと書道のデモンストレーション。

参加者:吉田公一、エカテリーナ・ナザロワ

 

主催:文芸雑誌《ハイクメナ》、国際交流基金

問い合わせ先: +7 (495) 626 55 83/85

 

 

水の道, 竹の道: 日本と中国の伝統文化を通じたジョン・ケイジの創造 「日本の心」フェスティバル

10月9日, 19:00

ミャスコフスキー名称コンサートホール (バリシャヤ・ニキーツカヤ通り, 13)

日本のもっとも古い伝統楽器の一つである笙と、ヨーロッパの楽器とその現代の演奏技術を組み合わせることによって、現代音楽の様々な可能性を披露します。

主催:日本大使館、モスクワ音楽院世界音楽文化センター

問い合わせ先: +7 (495) 629 21 91, www.worldmusiccenter.ru

 

華展 «形と遊びながら»

10月9-13日

国立ダーウィン博物館 (ヴァヴィロヴァ通り, 57)

生け花草月モスクワ支部の教師や上級者による作品展。

主催:生け花草月モスクワ支部

問い合わせ先: +7 (499) 134 61 24, +7 (495) 783 22 53

 

沢井筝曲院: モスクワ音楽院での20年間  「日本の心」フェスティバル

10月10日, 19:00

モスクワ音楽院ラフマニノフホール (バリシャヤ・ニキーツカヤ通り, 11)

20年前、筝演奏家の岩堀敬子氏は、モスクワ音楽院で初めて授業を行いました。岩堀氏と、その京都・モスクワの教え子が、設立20周年記念を祝う邦楽演奏会です。

主催:日本大使館、モスクワ音楽院世界音楽文化センター

問い合わせ先: +7 (495) 629 21 91, www.worldmusiccenter.ru

 

  «十力の金剛石»展

10月12日 – 11月10日

ムィティシ絵画ギャラリー  (ノヴォムィティシンスキー・プロスペクト, 36/7)

宮沢賢治の「十力の金剛石」にロシアの伝統画法による挿絵を添えた翻訳出版を記念する展覧会。日本とロシアの伝統美術も併せて紹介します。

主催:ムィティシ絵画ギャラリー、ムィティシ地区行政府、ムィティシ地区文化局、国際交流基金

問い合わせ先: +7 (495) 626 55 83/85

 

アニメフィギュア展 «大きな棚»

10月12 — 13日

ビジネス・センター «ジャパン・ハウス» (サヴィンスカヤ・ナーベレジュナヤ, 15)

日本から寄せられた1,000個以上のフィギュアを展示する第2回アニメフィギュア展が開催されます。

主催:セゾン・グループ(ジャパン・ハウス)

問い合わせ先: +7 (495) 258 43 21, http://www.japanhouse.ru/

 

VISIT JAPAN 2013

10月19日、16:30

モスクワ国立大学内日本センター (ヴォロビヨヴィ ゴーリ, 1, 52)

ロシアから日本への訪日推進を目的としたイベント。

主催:日本人留学生有志,モスクワ国立観光大学,モスクワ国立大学内日本センター

問い合わせ先:  +7 (495) 626 50 32


第5回日本国大使杯将棋大会

10月19 — 20日

ルドミノ名称外国文献図書館内 «国際交流基金» モスクワ日本文化センター  (ニコラヤムスカヤ通り, 1, 4階)

まだまだ愛好者の少ないロシアの将棋を発展させるため、初級者を含めた第5回日本大使杯将棋大会を実施します。

主催:日本大使館、将棋連盟、国際交流基金

問い合わせ先:  +7 (495) 626 55 83/85, http://shogifdr.ru/ 

 

第20回少年少女にほんご祭り

10月19日, 開始時間未定

1535番学校 (ウサチョーヴァ通り, 52)

日本語を学ぶ初中等教育機関の生徒が、日本についての想いをスピーチや歌や踊り、創作作品(絵や折り紙、小物)で自由に表現します。

主催:モスクワオープン教育大学、ロシア・CIS日本語教師会、国際交流基金

問い合わせ先: +7 (926) 036 88 81 (Майдонова С.В.), maidonovas@mail.ru

 

竹澤美知代 墨絵ワークショップ

10月25 — 28日

ビジネス・センター «ジャパン・ハウス» (サヴィンスカヤ・ナーベレジュナヤ, 15)

国際墨彩画美術協会理事・竹澤 美知代がおくる墨絵・書道ワークショップです。

主催:セゾン・グループ(ジャパン・ハウス)

問い合わせ先: +7 (495) 258 43 21, http://www.japanhouse.ru/

 

ロシア・CIS日本語教師会総会

10月25日, 15:00

モスクワ大学アジア・アフリカ研究所 (モハヴァヤ通り, 11)

ロシア及びCIS日本語諸国から集まった日本語教育関係者が、研究成果の発表や、日本語教育に関する課題の共有・情報交換、問題解決のために協議を行います。

主催:ロシア・CIS日本語教師会

問い合わせ先: ryuda.vas@gmail.com (ワシリエワ L.V.)

 

第26回モスクワ国際学生日本語弁論大会

10月26日, 13:00

ロシア国立図書館大ホール (ヴォズドヴィジェンカ通り, 3/5)

ロシアを含むCIS諸国等から、国や地域の大会を勝ち抜いた優秀な学生が、日頃の日本語学習の成果を弁論で発揮します。今回、26回を数える伝統の大会には、毎年、日本企業から素晴らしい賞品が提供されます。是非、聞きに来て下さい。

主催:ロシア・CIS日本語教師会、日本大使館、国際交流基金

問い合わせ先:  +7 (495) 626 55 83/85

 

第19回日本国大使杯囲碁大会

10月26-27日

在ロシア日本国大使館 (グロホリスキー・ペレウーロク, 27, 領事部)

日本国大使杯をかけて、全ロシアから参集した囲碁愛好者による囲碁大会を開催します。

主催:日本大使館、ロシア囲碁連盟

問い合わせ先: +7 (916) 487 72 62

 

«多面の三味線»  「日本の心」フェスティバル

10月27日, 19:00

モスクワ音楽院ラフマニノフホール (バリシャヤ・ニキーツカヤ通り, 11)

長唄・俗曲・端唄・現代曲・沖縄の三線、胡弓など、三味線の様々な演奏をこなす山尾麻耶氏による演奏会で、三味線の多様な発展の歴史が理解できます。 

主催:日本大使館、モスクワ音楽院世界音楽文化センター

問い合わせ先: +7 (495) 629 21 91, www.worldmusiccenter.ru

 

講義 «日本独特のマナー»

10月末

ルドミノ名称外国文献図書館内 «国際交流基金» モスクワ日本文化センター レクチャー・ルーム (ニコラヤムスカヤ通り, 1, 4階)

講師は西本裕美氏です。

主催:国際交流基金

問い合わせ先: +7 (495) 626 55 83/85

Дизайн и разработка RPA-DESIGN При участии FRILANS.RU