開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
E-カタログ

11月

 

若手アニメーション作家上映・講演会

11月1 — 6日

映画館 «35 мм» (パクロフカ通り, 47)

特別に日本から招いた、若手アニメーション作家の作品をご紹介します。

主催:

外国文献図書館 «国際交流基金»文化事業部

インディ・レーベル CALF,

映画館 «35 мм».

問い合わせ先電話番号:8(495) 626-5583

 

ボゴリューヴォフ名称美術図書館での«日本の日»

11月3日, 12:00

ボゴリューヴォフ名称美術図書館(スシェフスカヤ通り, 14)

図書館では、生け花、茶道、折り紙、書道、日本語・日本文学などを含む、日本文化の講義、デモンストレーションとワークショップを行います。来館者は、邦楽コンサートを聴き、写真展«世界遺産: 日本»をご覧いただけます。また、子ども絵画展«わたしの日本»もご覧いただけます。

主催:

在ロシア日本国大使館

外国文献図書館 «国際交流基金»文化事業部

 ボゴリューヴォフ名称美術図書館

問い合わせ先電話番号: 8(495) 229-2574

 

  NIPPON再生へ~日いづる国の四季/日露こどもワークショップ

11月10日, 13:00

教育センター № 2030 (ズヴェニーガラツカヤ フタラーヤ通り, 8)

コンサート«日出る処の国:四季»; 日露文化紹介のワークショップ: ロシアの子どもたちには墨絵、習字、将棋を、日本の子どもたちにはマトリョーシカの絵付けやロシア民族舞踊の教室を開きます。

主催:

教育センター №2030

音楽劇場 «アマデイ»

テレビ朝日

問い合わせ先電話番号:8(495)778-0563

 

狂言の戯曲による「施しはもらえなかった」

 11月11日, 20:00

経済政治研究センターのステージ(マーリイ・リョフシンスキー通り7、第3棟、3-4階)

狂言に基づく20分の上演でモスクワで上演される演劇作品の中では最も短い部類に入ります。シーズンは5回目を迎えます。日本の中世の喜劇である狂言をロシアのリアリスティックな演劇手法に取り入れる試み。スタニスラフスキー記念ドラマ劇場俳優が出演。

主催: 創造集団「巣」 

問い合わせ先電話番号:

8(905)703-3116 (アレクサンドル・グネズディロフ, 総監督兼演出家),

8-495-637-59-74

gnezdooffice@mail.ru

ブログ: http://gnezdooffice.livejournal.com

 

«京都創生座»公演

11月13日, 19:00

国立映画俳優センター (ポヴァルスカヤ通り, 39)

第14回国際音楽フェスティヴァル «日本の心»の一環として、«京都創生座»は、日本の芸術を伝統的な劇場様式でご紹介します。

主催:

チャイコフスキー名称国立モスクワ音楽院付属 «世界音楽文化»センター

外国文献図書館 «国際交流基金»文化事業部

問い合わせ先電話番号: 8(495) 629-2191

 

  第46回日本映画祭

11月14 — 20日

映画館 «35 мм» (パクロフカ通り, 47)

恒例の映画祭では、近年の日本映画を9作品上映します。上映作品は「花のあと」(中西健二監督、2009年)、「青い鳥」(中西健二監督、2008年)、「阪急電車 片道15分の奇跡」(三宅喜重監督、2011年)、「武士道シックスティーン」(古厩智之監督、2010年)」、「ゲゲゲの女房」(鈴木卓爾監督、2010年)、「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」(猪俣隆一監督、2010年)、「君に届け」(熊澤尚人監督、2010年)、「トロッコ」(川口浩史監督、2009年)、「岳」(片山修監督、2011年)。

主催:

在ロシア日本国大使館

 «国際交流基金»
 

問い合わせ先電話番号: 8(495) 626-5583

 

演奏会 «富崎の世界»

11月18日, 19:00

国立モスクワ音楽院ラフマニノフホール (バリシャヤ・ニキーツカヤ通り, 11)

第14回国際音楽フェスティヴァル «日本の心»の一環として、富成清女、富緒清律、田村史子等出演による日本の伝統音楽のコンサート。

主催:

チャイコフスキー名称国立モスクワ音楽院付属 «世界音楽文化»センター

外国文献図書館 «国際交流基金»文化事業部
 

問い合わせ先電話番号: 8(495)629-2191

 

沖縄芸能ワールドムーブメント2012『ship of the Ryukyu ~世界を駆け巡る琉球文化船~』

11月20日,

モスクワ国際大学(レニングラード通り,17)

上演作品:迎恩祭(ゲイオンサイ)

厳選した沖縄芸能の歌舞団。芸能面から沖縄の魅力を発信。

主催: 沖縄県
 

問い合わせ先電話番号: Олег Лабозин 8(903)144-1069  labozin@yandex.ru

 

 第14回国際知的図書展『Non/fiction』

11月28日 – 12月2日

中央芸術家会館 (クリィムスキー・ヴァール, 10)

毎年恒例、国際交流基金と出版文化国際交流会(日本)が、共同で日本コーナーを開設・出展し、現代の日本の出版物を紹介します。

主催:

国際交流基金,

出版文化国際交流会

問い合わせ先電話番号: 8(495) 626-5583

 

作家 川上弘美座談会

未定(11月28日~12月2日の間)

中央芸術家会館 (クリィムスキー・ヴァール, 10)

国際図書見本市の開催に合わせて、芥川賞作家 川上弘美氏の座談会を実施します。

主催:

国際交流基金

問い合わせ先電話番号: 8(495) 626-5583

 

 俳人 小澤實座談会

未定(11月28日~12月2日の間)

中央芸術家会館 (クリィムスキー・ヴァール, 10)

俳人小澤實氏との座談会、その後、川上弘美氏が参加。

主催:

国際交流基金

主催: 8(495) 626-5583

 

JAPAN EXPO IN RUSSIA 2012

11月28 – 29日 

 «エクスポセンター», パヴィリオン 5 (クラスノプレスネンスカヤ・ナーベレジュナヤ, 14)

JAPAN EXPO IN RUSSIA 2012は、日本とロシアの企業の交流の一環として、「食」「住環境」「産業・技術」「文化」の4分野で、催しを行います。«日本センター»と協力するこの行事では、«頑張る日本の地方~東北震災復興の現状と今後を含め~»に関連してセミナーを行います。

主催:

JAPAN EXPO IN RUSSIA 2012実行委員会 (JTB, РОТОБО)

問い合わせ先電話番号:

8 (495) 626-5032 (АНО «日本センター»)

JER@bsec.jp

http:www.japanexpo-rus.com

 

 

Дизайн и разработка RPA-DESIGN При участии FRILANS.RU