開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00
E-カタログ

モスクワ国際学生日本語弁論大会

本大会は、ロシアおよびその近隣諸国で日本語を学習する大学生が、日頃の学習成果や自らの考えを日本語で発表する場です。本大会の開催を通して、学習意欲の向上、学生・教師間のネットワーク化および教育現場と各地の日本社会の親交と相互理解の促進を目指し、ひいては当該地域の日本語教育の水準向上と活性化を図ることを目的とします。

 【第30回大会開催要項】

日時  2017年10月28日(土)14:00 ~18:00
会場  ロシア国立中央図書館講堂
主催  在ロシア日本国大使館、ロシアCIS日本語教師会、国際交流基金モスクワ暫定事務所

 

 出場資格

 

以下の条件を満たし、各国、各地の弁論大会で優秀な成績を収めたもの、或いは国際交流基金が実施するビデオ審査(ロシア国内のみ対象)により出場を認められたもの。

(1)ロシアまたは近隣諸国の大学、もしくはこれに準ずると主催者が認定する機関で日本
     語を学んでいる大学生(日本語専攻である必要はない)
(2)日本語を母語とせず、日本滞在期間が通算90日以内であること
(3)過去本大会に出場して6位以内に入賞したことがないこと

 

 各国、各地弁論大会一覧

 

 ルール

(1)1人5分以内の発表(原稿の持込は不可)を行い、質問者の質問2問に答える
(2)テーマ、文体は自由
(3)スライド、小道具等の使用は一切不可
(4)論旨の明確さ、主張内容の深さ、独創性、発音、プレゼンテーション能力、質疑の日
   本語力、質疑の的確さを評価点とする。各評価点の合計得点及び審査員による合議の    
   結果、順位を決定する

 

 参考 

第29回モスクワ国際学生日本語弁論大会実施結果

http://jpfmw.ru/jp/events-archive/29-benron-taikai-kekka.html 

http://jpfmw.ru/jp/events-archive/29-benron-taikai-hounichi.html

Дизайн и разработка RPA-DESIGN При участии FRILANS.RU