Japanese Film Festival
開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
17 сентября 2019 г.

立木さとみ講演会

 

111年の時を超えて

~日露戦争時の写真に見る日露友好の記憶~

【日時】9月23日(月) 19:00

【場所】モスクワ日本文化センターレクチャールーム(ニコロヤムスカヤ通り、1)

【入場無料】登録は不要ですが、図書館に入館するために身分証明書が必要になりますので、パスポートをご持参ください。

 

《内容》

2016年1月に、突然ロシアから徳島の立木写真舘に届いた数枚の写真。それは日露戦争時に、日本の収容所で撮影されたロシア兵の集合写真だった。写真をロシアに持ち帰ったロシア兵のひ孫・アリョーナ・ジャンダロヴァと、写真の撮影者のひ孫・立木さとみは、111年の時を超えて奇跡の出会いを果たす。やがて、日露戦争時に、ロシア兵は想像以上の人道的な扱いを受け、民間人とも交流していたことが判明。立木さとみが講演を続ける中で、次々にその事実が明らかになる。

「国と国は戦争をしても、個人同士が憎しみ合っているわけではない」‥‥世界に緊張感が満ちるいまこそ、たくさんの方に「民間外交のチカラ」と、それを可能にした「写真のチカラ」をお伝えしたい。

 

     

(左)ロシアからメールで突然送られてきた、                                                      (右)戦時中にも関わらず、日露兵士のツーショット写真。

  日露戦争時のロシア兵俘虜の集合写真。                                                               のちに歴史的大発見の一枚だったことが判明する。

                                                       

 プロフィール

立木さとみ(たつき さとみ)

1960年 徳島市で1883年創業の立木写真舘に5世代目として生まれる

1983年 上智大学文学部卒業

1983年 マドラ出版入社 月刊誌「広告批評」や単行本の編集・イベント企画に携わる

1993年 実家の(株)立木写真舘に入社

2018年より 個人事務所「立木写真舘1883」代表

【省庁・自治体などの委員歴】

1999年 社団法人 徳島青年会議所理事長

2001年~2015年 徳島市行政評価委員会

2005年~2008年 国土交通省四国地方整備局「美しい四国づくり実行委員会委員

2010年~2014年 徳島県人事委員会委員(2013年~は委員長)

【現職】

2008年~ Portrait Academy of Japan 広報室長

2009年~ 四国放送番組審議会委員

2014年~ NHK徳島放送局「友の会」副会長

2014年~ 徳島新聞賞審査員

2016年~ 徳島大学監事

※徳島のタウン誌や徳島新聞に連載多数、単発原稿多数

※男女共同参画、地域づくりなどに関する講演多数

【日露戦争時の写真に関する講演】

2016年9月より、「日露戦争時の写真にみる日露友好の記憶」についての講演を、日本国内・ロシア各地で続けている。

2019年末までに、日本国内15都府県、ロシア国内3都市で約100回講演、聴講者は約5,000人にのぼる予定。

 

 

Отдел японской культуры «Japan Foundation» Россия, 109240, Москва, Николоямская ул., 1, 4 этаж (в здании Библиотеки иностранной литературы) +7 (495) 626-55-83 / 85 +7 (495) 626-55-68