Japanese Film Festival
開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00
25 июня 2019 г.

第4回モスクワ国際実験映画祭 映像作家・牧野貴パフォーマンス・上映

 

AUX NIGHT – 2.0 (オーディオビジュアルパフォーマンス) 18+

【日時】712日 2230 

【場所】クラブ AGLOMERAD

【住所】Kostomarovskiy Pereulok, 3 -12 (Костомаровский пер., д.3 стр.12)

【詳細】http://en.mieff.com/2019/aux_night

【Line up】

22:30 Taran (David Šmitmajer, Jiří Rouš and Frantisek Tymal)
23:00 Radiant Fluxus (Miguel Puertas) 
23:30 Space Noise 2 (Makino Takashi) 
00:00 Embedded Figure Array (MSHR)

【入場】チケットは下記サイトよりご購入ください。

https://mieff.timepad.ru/event/1005421/

 

Memento Stella 上映+Q&A 16+

【日時】713日 2300 

【場所】ガレージ野外映画館

【住所】Krymsky Val st., 9/32 (ул. Крымский Вал, д. 9, стр. 32 )

【詳細】http://en.mieff.com/2019/memento_stella

【入場】チケットは下記サイトよりご購入ください。

https://primepass.ru/widget/v2/spot/garage/ext_event/444/schedules?hidePriceLabel=true&showcase=garage

 

 

牧野

2001年に日本大学芸術学部映画学科撮影・録音コース卒業後に渡英、ブラザーズ・クエイのアトリエコニンクを訪問し、映像、照明、音楽に関しての示唆を受ける。その後、カラーリストとして、多くの劇映画やCF、ミュージックビデオ等の色彩を担当し、フィルム及びビデオに関する技術を高めながら、2004年より自身の作品上映を開始した。自然現象や人間、街など既成のオブジェクトを、フィルムやビデオなど様々なフォーマットで撮影、編集段階において重層化して構築し、その無限に広がり続けるような極めて有機的で想像的な牧野の映像作品は、国際的に高く評価されている。現在は日本を拠点に、映画、音楽、インスタレーション、オーディオビジュアルパフォーマンスなど世界各地で発表しており、ジム・オルーク、大友良英、坂本龍一、マシネファブリーク、サイモン・フィッシャー・ターナーなど著名な音楽家とのコラボレーションも活発に行う。2011年にはロッテルダム国際映画祭短編部門でグランプリにあたるタイガーアワードを受賞した他、ハンブルグ国際短編映画祭、モスクワ国際実験映画祭、25FPSクロアチア国際実験映画祭でもグランプリを獲得 (全て日本人初) するなど、国際映画祭での受賞歴は幾多にも及ぶ。また、これまで、映画作品は世界100都市以上で上映されており、近年では、ドクメンタ14 (アテネ)、サンフランシスコMOMA、MOMAPS1、ニューミュージアム、ニューヨーク映画祭 (アメリカ)、ホワイトチャペルギャラリー (イギリス)、韓国映像資料院 (韓国)、オーストリア映画博物館 (ウィーン)、BFI IMAX シアター (イギリス) などで上映が行われた。

 

Отдел японской культуры «Japan Foundation» Россия, 109240, Москва, Николоямская ул., 1, 4 этаж (в здании Библиотеки иностранной литературы) +7 (495) 626-55-83 / 85 +7 (495) 626-55-68