開館時間:
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
05 ноября 2019 г.

今日も嫌がらせ弁当

 

2019年、106分

 

監督:塚本連平

脚本:塚本連平

音楽: 羽深由理

原作:Kaori(ttkk)

配給: ショウゲート

年齢制限:12+

出演:篠原涼子(持丸かおり)、芳根京子(持丸双葉)、松井玲奈(持丸若葉)

 

東京都の八丈島を舞台にシングルマザーの母親と反抗期の娘が弁当を通じて交流する様子をつづり、ブログから書籍化もされて人気を集めた同名エッセイを、篠原涼子と芳根京子の共演で映画化。

シングルマザーの持丸かおり(篠原涼子)は、自然と人情が豊かなこの島で、次女の双葉(芳根京子)と暮らしている。「大人になったらお母さんと一緒にレストランをやる」と言っていた可愛い娘はどこへ行ったのか、いまでは反抗期に突入し、生意気な態度で何を聞いても返事すらしない。かおりは娘の嫌がる“キャラ弁”を作り続けて逆襲するのだが、やがてそのお弁当は、会話のない娘への大切なメッセージへと変わっていく。娘もまた「ウザい」とぼやきながらも、何かを受け取るように一口も残さず食べ続ける。

〈ラストの弁当〉にこめられた母からの最後のメッセージと、娘のこみ上げる想いに、誰もが胸を熱くする…。

 

 

Отдел японской культуры «Japan Foundation» Россия, 109240, Москва, Николоямская ул., 1, 4 этаж (в здании Библиотеки иностранной литературы) +7 (495) 626-55-83 / 85 +7 (495) 626-55-68