開館時間:
11:00–18:00 11:00–18:00
19 ноября 2021 г.

コーヒーが冷めないうちに

 

(塚原あゆ子監督、2018年、116分)16+

出演:有村架純、伊藤健太郎、波瑠、林遣都、深水元基、松本若菜、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、石田ゆり子、山田望叶

 

 

時田数(有村架純)が働く喫茶「フニクリフニクラ」。

そこには奇妙な都市伝説がある。

それは店内のある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるというもの。

ただし、そこには、とても面倒くさいルールもあるらしい。

 

①過去に戻って、どんな事をしても、現実(未来)は変わらない

②過去に戻れる席には先客がいる。その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ

③過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ。

コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない

④過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない

⑤過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない人には会う事ができない

 

すべてのルールを守ったとき、「フニクリフニクラ」の客に優しい奇跡が舞い降りる。

「お願いします、あの日に戻らせてください――」

今日も不思議な噂を聞いた客や常連客がこの喫茶店に訪れる。

噂を怪しみながらもやって来た三十路前のキャリアウーマン・清川二美子(波瑠)、なにか訳ありそうな常連客の高竹佳代(薬師丸ひろ子)と房木康徳(松重豊)、なぜか妹から逃げ回る平井八絵子(吉田羊)、過去に戻れる席にいつも座っている先客・謎の女(石田ゆり子)。

時田数に想いを寄せはじめる新谷亮介(健太郎)。過去に戻れるコーヒーを唯一淹れることができる数も、そんな亮介に導かれ、自分自身の秘められた過去に向き合っていく――。

家族と、愛と、後悔の物語。

――4回泣けます。

 

 ©2018 "Before The Coffee Gets Cold" Film Partners

Отдел японской культуры «Japan Foundation» Россия, 109240, Москва, Николоямская ул., 1, 4 этаж (в здании Библиотеки иностранной литературы) +7 (495) 626-55-83 / 85