Фестиваль кино
Часы работы:
пн вт ср чт пт сб вс
11:00–19:00 11:00–18:00 12:00–18:00
14 января 2020 г.

Открыта вакансия преподавателя японского языка (日本語非常勤講師募集のお知らせ)

2020年1月14日

国際交流基金モスクワ日本文化センター

 

下記の要領で国際交流基金主催の日本語講座を担当する非常勤講師(ロシア語話者)を募集します。日本語母語話者日本語非常勤講師募集についてはこちらです。

С подробной информацией о вакансии просим ознакомиться ниже.

 

1.募集人数 (Количество вакансий): 1~2名

 

2.業務内容 (Содержание рабочего процесса): 

1学期15週間実施されるJF日本語講座で、月曜日から木曜日(19時~21時、途中休憩10分)の日本語の授業を1担当していただきます。教材はJF日本語教育スタンダード準拠コースブック『まるごと 日本のことばと文化』(三修社)を使用します。採用者には教材を貸与します。教授経験や教材の使用経験により、研修期間を設ける場合もあります。

勤務開始は2020年2月以降を予定しています。

 

3.勤務地 (Место проведения занятий):

モスクワ市立教育大学(MGPU)5階 地下鉄クルスカヤ駅(Kurskaya)から徒歩10分程度

аудитории на 5-м этаже

Московский городской педагогический университет

Малый Казенный переулок, дом 5Б

※ 国際交流基金モスクワ日本文化センター内にて授業を行う場合もあります。

 

4.応募資格 (О квалификации кандидата): 以下の全ての条件を満たす者 (кандидат должен соответствовать всем ниже перечисленным характеристикам)

 ・4年制大学卒業以上の者で日本語能力試験N2以上の日本語能力を有する (Имеющий степень бакалавра/специалиста; уровень JLPT — не ниже N2)

 ・Eメールによる連絡が迅速にできる (Своевременно/быстро реагирующий на почту)

 ・WordとExcelの基本的な操作ができる (Владеющий навыками пользования Word и Excel)

 ・JF日本語講座の理念を理解し、講座の目的に合った授業を行う心構えがある (Ознакомленный со страндартом преподавания JF и готовый проводить занятия в соответствии с целями курса)

 ・新しい教授法を積極的に学び、実践する意欲がある (Стремящийся претворять на практике новые методики преподавания)

 

以下の項目に当てはまる方を歓迎します。(Также будем рады, если кандидат подходит под следующие характеристики). 

 ・現在、教育機関で日本語を教えている、または、これまでに8人以上のクラスで教えた経験

がある

 ・日本に半年以上留学した経験がある

 ・N1を取得している

 ・大学などで日本語教育(外国語教育)について勉強したことがある

 ・日本語教育の経験があまりなくても、国際交流基金の専門家による研修を受けて、学ぶ意欲がある。

 

5.待遇 (Заработная плата):

 国際交流基金モスクワ暫定事務所の規程に基づき、経歴、資格等によって時間給を決定し、その合算を毎月末にお支払いします。

 

6.募集期間・応募方法 (Сроки открытия вакансии и способы подачи заявки):

2020年1月14日(火)~2020年1月26日(日)履歴書をメールに添付して送付してください。メールの宛先は次の通りです。 shimomura@jpfmw.org 担当:下村(しもむら)

Заявки просим присылать с 14 января по 26 января по почте shimomura@jpfmw.org ответственному куратору курсов (г-жа Симомура). 

・履歴書は日本語で記入してください。(固有名詞はロシア語、英語でも可)。書式は自由です。(Резюме можно написать в свободной форме обязательно по-японски)

・写真は履歴書の右上に貼り付けるか、メールに添付して送付してください。(Фотографию вставьте в документ с резюме в правый верхний угол или прикрепите к письму отдельно)

・学歴、職歴等の他、「なぜJF講座の講師になりたいか、また、講師に採用された場合の抱負(意欲:стремление」についても日本語で(500字くらい)書いてください。(Напишите небольшое мотивационное письмо (не более 500 иероглифов)

※ 採用者が決まり次第、募集を締め切ります

 

7.選考方法 (Этапы отбора кандидатов):

1)第一次審査 

書類審査。書類受領後、2週間以内にメールで結果を通知します。

2)第二次審査

第一次審査通過者に対して面接を実施します。面接の際に、模擬授業をしていただく場合があります。第二次審査終了後、2週間以内に採用の可否をメールで通知します。

 

国際交流基金モスクワ日本文化センター 担当:下村 shimomura@jpfmw.org

Отдел Японской Культуры ≪Japan Foundation≫ в ВГБИЛ

 Россия, 109 189, Москва, Николоямская ул., 1/ ВГБИЛ / 4 этаж.

 tel: 8-495-626-55-83/85 fax:8-495-626-55-68 http://www.jpfmw.ru/jp.html

 

 
Отдел японской культуры «Japan Foundation» Россия, 109240, Москва, Николоямская ул., 1, 4 этаж (в здании Библиотеки иностранной литературы) +7 (495) 626-55-83 / 85 +7 (495) 626-55-68